社会保険などに関する考え方としては色々とあるのですが

社会保険というのも短期保険と長期保険という分類があるわけですからそれによって自分はどのように加入するべきであるのかということを理解しておいた方が良いでしょう。短期保険というのは一般的に一会計年度の収支を予定しておくという保険料であり、短期に計算されるから短期保険ということになります。長期保険ということになりますと例えば一般的に長期間の収支を予定して保険料を計算するということになります。これは医療保険などがそのいい例であると言えるでしょう1年だけのために、医療保険を考えるということはほとんどされないわけですからこれは長期保険の代表格というわけです。保険に必ず加入しなければならないのかといえばリスクを負わない人やあるいはそのリスクが極めて低い人というのは確かに加入しなくても良いという場合があるのですが社会保険の場合はそうも言っていられないの部分があります。つまりは強制されるということであり、だからこそ年金とか健康保険というのは存在するわけです。必ずやっているというわけではないのですが多くの福祉国家というのは行なっている政策の一つです。http://www.tallycope.org/sokujitu.html