離乳食が進まない悩み…うまく肩の力を抜いていこう!

最近、息子の離乳食が進まなくて悩む…。
月齢に比べてまだ全然量も食べられないし、1日3回食べさせるのが大変!

とは言え、食事が嫌いになったら困るから、量を増やすこと、食事の回数、固い食感のものを食べさせること、座っていさせること…全部を完璧にしようとするのはやめた。
まだ乳児だし、全部いっぺんに出来なくて当たり前だ!…よね?

ということで、昨日と今日は「完食」をテーマに頑張ってみた。
椅子から立ち上がっても、チョロチョロ歩き回っても気にしない!
近くに戻って来たらすかさずスプーンを差し出して「パクッ」「上手!」と食べさせる。
そしたら、1時間以上かけて久々の完食!
まだまだ量は少ないけど…この調子でやっていこうかな。

固い具材のおかずを器用に舌で押し出したり、食べたくない時は口閉じてそっぽ向いたり…。
ちょっと前まで泣いておっぱい飲んで寝てウンチして…の繰り返ししか出来なかった赤ちゃんが、色々主張するようになったもんだなぁ。
正直大変だけど、成長も感じる!

まだまだ先は長いんだし、うまく肩の力を抜いてやっていこう。

WELQの責任者で執行役員なのにM氏は左団扇ってのもなんだかよくわからない

DENAのWelqの件については責任者たる村田マリ氏も出てきて謝るべきとの声が多いようですが私も同意見です。
海外にお住まいだということなので社長の許可を得て、向こうでのんびりしてるのかもしれませんが、社長が出てきて頭下げて謝ってるんですから、執行役員でもあるし顔くらいみせてもいいのではと日本的感覚からすると思うので、そのあたりは理解に苦しみます。
彼女は元の上司の仕事のやり方に非常に共感をしていてその手法をほとんどをコピーしたかのような仕事ぶりだと聞きましたが、気になったのが戦死者を出しながらも突き進んでいく上司の仕事のやり方にすごく共感していたという点です。
ですから戦死者が出るのも仕方ないと割り切って仕事のできる人らしいので、こうしたトラブルが起きるのもありかなと、
そしてその発想力や手法にまで何かブラック企業の社長的なものがにじみ出ているような気がしました。
彼女のビジネス手法がもとでこうした事件が起きてしまった以上、今後は表に出ることなく裏の方でコソコソやる仕事で実績を積み上げていく道が彼女にはふさわしいように思えました。http://www.protoexpress.co/kakaku.html