最近の日本語が気になります。させていただきます症候群

記述式のテストでは、それなりの好成績を修める分野でも、実際に使うとなれば、わかっているはずなのに自然と間違っている事ってありませんか。例えば、させていただきます。症候群。日本語の間違った用法としてよく取り上げられていましたが、これ、かなりの人が大人になっても間違っているようなんですよね。実際、最近いろんなところで電話をしたり受けているのですが、ほとんどの人が、保留にする際、〜させていただきますというのを聞いてしまいました。なるほど、こうもさせていただきますを連発する人が多いと今の時代は、させていただきますが「正しい日本語」として、存在しているのかと思いましたが、すではないようです、言葉は意味も、用法も必ず変化をするのでこれが絶対正しいという事はないはずです。それでも、なられます。させていただきます等の言葉は、謙譲語としては間違った言葉なのではないかなと感じてしまうのは、過敏に反応しすぎかな。足 脱毛